子育て

恐竜あいうえお知育本のご紹介 きょうりゅう だいしゅうごう あいうえおずかん 恐竜知育ぶっく3才の息子と感想レビュー

恐竜好きのお子さんにおすすめ知育本3選あいうえお
sponsored link


今回のおすすめは、「恐竜の本で勉強しよう!」です。

恐竜好きのお子さん、身近にいらっしゃいますか?わが息子は、2020年に入り、突如、恐竜ブームが巻き起こり、寝ても覚めても恐竜の話をしています。(2019年は、トーマスとトミカの年でした。)

まるみーぬ
まるみーぬ
その影響で、まったく望んでいませんでしたが、どんどん恐竜に詳しくなっている母です。

本日は、そんな恐竜好き息子と、いろんな本を読んだ中で、特に知育として使える恐竜本をご紹介させていただきます。
これからのご購入の参考になりましたら、幸いです。

sponsored link


きょうりゅう だいしゅうごう あいうえお ずかん

こちらは、2020年4月4日に発売となったばかりの本です。

恐竜図鑑で、ひらがなの読み書きを覚えられる!
あいうえお順に登場する迫力たっぷりの恐竜たちと一緒に、平仮名の読み書きを覚えましょう。 お子様が自分で読めるように、ひらがなで書かれたやさしい解説と、一目でわかる恐竜のデータ付き。書き順を見ながら、大きな文字をなぞれるレイアウトを採用しているので、視覚を通して平仮名に馴染めます。巻末には、ひらがな、カタカナ、濁音、半濁音の表に加えて、恐竜の名前を当てるクイズが収録されています。
Amazon.co.jpより

少しずつ、自分のお名前のひらがななどが、わかるようになってきた息子(3才5カ月)ですが、いざ教えようとすると、強い拒絶反応を示し、まったく聞く耳を持ってくれません。そんな息子に、あいうえおの本を探していたところ、息子の興味ドンピシャな図鑑を発見!

まるみーぬ
まるみーぬ
恐竜図鑑は、恐竜の名前が、たいていカタカナで記載されていますよね。ひらがなで書いてある、見やすいあいうえお図鑑、待っていましたー!
恐竜あいうえお

以前より、恐竜図鑑を見て、難しい恐竜の名前をどんどん憶えており、カタカナが先に読めるようになったの?!と思うほどでしたが、実際は、ただ暗唱していただけ。

そんな息子ですので、こちらの恐竜図鑑の恐竜も、半分ほどは理解しており、何という恐竜なのかわかることで、「ケツァルコアトルスのけ!」といったように、すぐにひらがなにも、興味を持ってくれました。

まるみーぬ
まるみーぬ
あんなにひらがなアレルギーだったのに…!恐竜さんありがとう!!

ただ、知らない恐竜や、間違えて答えている恐竜もたくさんいるのと、あいうえおより、恐竜図鑑としての興味が圧倒的に強いので、恐竜の名前当てとあわせて「セントロサウルスということは、この文字は…?」などの声掛けするようにしています。
きょうりゅうあいうえお

こちらの本の気に入った点

・右に、大きな文字と、左に大好きな恐竜たち、という見やすい構図。
・書き順付き
・商品紹介にも書いてありますが、あいうえお表も豊富!
・巻頭の目次が、イラスト付きのあいうえお表となっている。
・巻末に、その目次で答え合わせのできる「なまえあてクイズ」のあいうえお表
・文字だけですが、カタカナの「アイウエオ表」と、濁点の「がぎぐげご表」「ガギグゲゴ表」付き
・イラストと名前だけでなく、きちんと恐竜についての解説も記載されている。

恐竜の説明も、オールひらがなで記載されているので、ひらがなが読めるようになった暁には、恐竜図鑑として引き続き、楽しめそうです。

まるみーぬ
まるみーぬ
自分で読みだす日が、待ち遠しいです!

ちなみにですが…
多くの文字は、恐竜の挿絵の頭文字とともに、紹介されています。(「ふ」にブラキオサウルスなど、濁点と半濁点を含みます)

その中の例外として、「つ」「ぬ」「よ」「を」「ん」は、恐竜の頭文字ではありませんでした。

「つ」は、「つのりゅう」、「よ」は「よくりゅう・よろいりゅう」です。
小学館の図鑑NEOで調べたところ、「ツァーガン」「ツァガンテギア」「ヨーロッパサウルス」しかいなかったので、わかりやすく人気の高い「つのりゅう」、「よくりゅう・よろいりゅう」にしたのかもしれませんね。

「を」と「ん」は、こちらで始まる名前はないとして、実は、「ぬ」で始まる恐竜も、図鑑には載っていませんでした。意外ですね!

親子で遊べる! 恐竜知育ぶっく

群馬県立自然史博物館が、監修された書籍です。
こちらの本も、息子がとっても気に入って毎日眺めています。

親子で楽しめる、1冊まるごと恐竜ワールドの知育ブック。
人気恐竜の図鑑解説に加えて、恐竜クイズ、めいろ、まちがいさがし、
おはなし、ひらがな&アルファベットなど、遊びながら学べる工夫がいっぱい。
恐竜が大好きな3~5+対象。
Amazon.co.jpより

商品説明にもあるように、前半は、人気の恐竜図鑑となっており、後半は、子どもたちが好きそうな間違い探しや、迷路など様々な知育コンテンツが含まれています。

前半の恐竜図鑑も、恐竜の特徴を大きく描き「この恐竜なんだ?」とクイズ形式になっていたりと、興味を引く工夫がなされています。
恐竜知育ブック
後半の知育ページに関しては、「正直、予想以上によかった」という感想です。まずページ数が、図鑑のおまけといった感じではなく、しっかりと取られています。

まるみーぬ
まるみーぬ
商品名に「知育ぶっく」といれてあるのは、嘘じゃないですね!

簡単すぎず難しすぎず、表紙にも書いてある通り、3~5歳の子どもたちに適した内容になっていると思います。
恐竜知育ぶっく

こちらの本の気に入った点

・オールカラーで、特徴をつかみつつ少しかわいらしい見やすいイラスト
・子どもたちに人気の恐竜たちが、勢ぞろい
・イラストと名前だけでなく、きちんと恐竜の特徴についての解説も記載されている。
・知育のページがしっかり。
・簡単なものと少し難しいものがあり、3歳の今と少し成長した時も楽しめそうです。
・これから覚えてほしかった時計の見方もあった

少し残念だったのは、あいうえお表や、ABCの一覧表は、恐竜ではなかった点です。

あとは、まったく問題ないのですが、ティラノサウルスが「ティランノサウルス」と「ン」が含まれて表記されていて、少し驚きました。英語表記の発音に近づけたのでしょうか?群馬県立自然史博物館のこだわりでしょうか。

DVD付 新版 恐竜 (小学館の図鑑 NEO)

こちらは、ご紹介するまでもないのかもしれませんが、図鑑の定番、小学館の図鑑NEOシリーズの恐竜です。

学研のARが見られる図鑑と悩むところですが、DVDがドラえもんコラボだったので、小学館の図鑑NEOに。

こちらも気になります…

THE知育本ではありませんが、図鑑は、とても学びが多いので、3つ目にあげさせていただきました。

図鑑のよいところ

・好きな恐竜だけでなく、知らない恐竜にも出会える刺激
・各種類ごとに分かれて記載されており、分類分けの視点や、俯瞰したものの見方に繋がる
・化石がみつかった場所から、地図の勉強
・大きさから、数字の勉強、大小の比較ができるようになる
・弱肉強食や生命の営みを垣間みる

図鑑からの学びを挙げ出すとキリがありませんが、本当に買ってよかったと思えています。

まるみーぬ
まるみーぬ
大きくて、少し邪魔ですが(笑)、図鑑は本当に良い刺激のかたまり!

今は、なんでもスマホやPCで調べられてしまいますが、紙をめくることで出会う刺激を大切にしたいと改めて感じました。
恐竜図鑑

親には、こういったコラムページも楽しいですね!

まとめ

本日は、3歳の息子向けに購入しました3冊の恐竜知育本について、ご紹介させていただきました。
「好きこそ物の上手なれ」ということで、大好きな恐竜を通じ、様々な学びを得てもらえるといいなぁと思っています。
また、良いものに出会えましたら、追記していきます。

さっそく追加します▼

最後までご覧くださいまして、ありがとうございます。

↓本日ご紹介しました本は、こちらです↓



sponsored link


ABOUT ME
まるみーぬ
入社来10年以上、営業職で働いている2児のママです。おせっかいやきな性格なので、気に入ったものや経験を、お節介気味にシェアしております。実体験で気に入っているものを、写真とともにご紹介中です。子どもとの時間、一人の大人としての時間、それぞれの楽しみを発信します。