子育て

【しゃぼん玉】しゃぼん液こぼしすぎる件の解決策

シャボン玉あそびのコツ

今回のおすすめは、「しゃぼん液の入れ物づくり!」です

子どもたちの大好きなシャボン玉遊び。

まるみーぬ
まるみーぬ
シャボン玉と戯れる子どもたちの姿は、可愛さ抜群です!

ですが、わが子は、ほぼ毎回、しゃぼん液をこぼします。定番のあの容器、ストローを入れるにはちょうどいいのですが、「小さな子に持たせると絶対こぼれる作り」になっていますよね。

まるみーぬ
まるみーぬ
まっすぐ持ってね!と言っても、息を吹きかけたり、追いかけたり…夢中になるとすぐに傾けてしまうんですよね。

こぼしてしまうと、子どもも、大人も、残念な気持ちになるので、それを回避するグッズをインスタ情報を参考に作ってみましたので、ご紹介します。

用意するもの

・小さく細めのペットボトル 1個
・ビニールテープ 1個
・はさみ または カッター

まるみーぬ
まるみーぬ
わが家は、今回、R-1のボトルで作りました。

作り方

しゃぼん液入れ作り

まずは、ペットボトルの上部に切り込みを入れます。参考にしたインスタのpostでは、上3分の1くらいの部分と紹介されており、掲載写真の位置でカットしたのですが、この写真よりも、もっと上で切った方がいいいです。(理由はのちほど…)

切ったものの上部を逆さにし、下部にはめ込みます。

合体させたものの上部を、写真のように、ビニールテープで囲みます。この時、ビニールテープの上半分が、はみ出るように貼ってください。

シャボン玉液

はみ出た部分のビニールテープに、切込みを入れてください。折り曲げてくっつけていきますので、細かすぎず粗すぎず…

切ったビニールテープを隣同士、少しずつくっつけ、写真のようにまとめます。

これで完成です!

使ってみよう!


しゃぼん液を注ぎます。完成!

こぼさずに遊べました!

感想

2重構造になっている上、ビニールテープで返し部分もつけているので、傾けてもこぼれませんでした。

しかしながら、今回、1点失敗したのは、切った部分が悪かったようで、はめ込んだ部分が、底にかなり近く、液をたくさん入れると、溢れてしまいました。(当たり前ですね。。)

ですので、作り方のところにも記載しました通り、なるべく上部をカットすることをお勧めします

また、R-1の容器だと、底の中心が、少し盛り上がってしまっているので、液が少なくなってきたとき、上手につけにくいようです。底がより平坦なペットボトルを探してみたいと思います!

改善版を作成し、再度、シャボン玉遊びに出かけたいと思います。

まるみーぬ
まるみーぬ
シャボン玉液が、こぼれるのが、気になっているママさん、パパさん、ぜひ作ってみてくださいね。

最後まで、ご覧いただきまして、ありがとうございました!

ABOUT ME
まるみーぬ
入社来10年以上、営業職で働いている2児のママです。おせっかいやきな性格なので、気に入ったものや経験を、お節介気味にシェアしております。実体験で気に入っているものを、写真とともにご紹介中です。子どもとの時間、一人の大人としての時間、それぞれの楽しみを発信します。