お得情報

パパが育休を取得した話~とてもよかったけど、ちょっと失敗した件~

パパの育休取得お得にするには

今回は、「パパの育休取得!」についてです。

2020年は年初に、小泉大臣の育児休暇取得の話題や、なかば強制的に取得させる企業という企業の話題などもあり、メディアに“パパの育休”について取り上げられました。

しかしながら、その後すぐに、新型コロナウィルスの話題で持ちきりとなった上、数多くのご家庭で在宅勤務が推奨されることとなり、今年のパパの育児休暇取得については、一体どのように推移しているのか、気になるところです。

まるみーぬ
まるみーぬ
そんな中(2020年7月)、まるみ家のパパ(私の夫)が、2週間の育児休暇を取得しました。

2週間の育児休暇が終了し、「取得してもらえてよかったな…名残惜しいな…」というのが素直な気持ちです。

一方で…、

まるみーぬ
まるみーぬ
(名残惜しいなぁ…と思えるこのくらいが、わが家的にちょうどよかったかも…)

という気持ちも(笑)

様々な育休取得の形がありますので、一概に言えない話題ではありますが、「わが家」では、どのような状況で取得し、どう過ごしていたのかは、また後程まとめたいのですが、ひとつちょっと失敗したなぁと思うことがあり、記載したいと思います。

まるみーぬ
まるみーぬ
「ちょっと失敗」というのは、「税控除」についての話題です。

これから取得を考えている方の「いつ・どのくらいの期間」を検討する参考になると思いますので、ぜひご覧いただければと思います。

そもそものパパの育休について

パパの育休取得

育児休業制度

子が1歳(一定の場合は、最長で2歳)に達するまで(父母ともに育児休業を取得する場合は、子が1歳2か月に達するまでの間の1年間<パパ・ママ育休プラス>)、申出により育児休業の取得が可能
また、産後8週間以内の期間に育児休業を取得した場合は、特別な事情がなくても申出により再度の育児休業取得が可能<パパ休暇>

パパも、ママ同様に、育休が取得可能ですね!

プラスして、パパの場合、出産後8週間以内に、育児休業を取得かつ8週以内に1回目の育休が終了した場合には、特例として育児休業を再度取得することができます。

まるみーぬ
まるみーぬ
出産直後の一番大変な時期の取得と、別のタイミングでの2回育休が取れます。

パパの育休については、厚生労働省のHPに、“育MEN イクメンプロジェクト”というサイトに、詳しくわかりやすい記載がありますので、ぜひ一度ご覧ください。

育休における社会保険料の免除

育休中に、社会保険料の免除があることをご存知でしょうか。

まるみーぬ
まるみーぬ
私は、今回2度目の出産・育休になりますが、よくわかっていませんでした(笑)

サラリーマンなので、会社の担当者の指示に従い、記名、提出しているので、問題なく過ごせているものの(多分)、深い理解ができていませんでした。

そんな中、夫の育休取得後に、「7月分の社会保険料免除はなし、今月の賞与時に免除された社会保険料も、免除されないので、8月給料から控除します。」といった旨のメールが届きました。

まるみーぬ
まるみーぬ
ん・・・??

ということで、調べてみたところ、夫の会社は、7月に賞与支給があったのですが、育休取得月だったので、保険料が免除された上で支給されていたようです。

しかしながら、同月中に復職した為、免除ではなくなるので、来月分からしっかり引きますよ、という意味でした。

本来、お支払いするべき税金ですので、そこは納得なのですが、逆に、月をまたいで取得していた場合、免除となったことがわかりました

◆ 免除期間

育児休業等を開始した日が含まれる月から、終了した日の翌日が含まれる月の前月までの期間(ただし、子が3歳に達するまで)

出典:厚生労働省資料より
育児休業中の社会保険料

まるみーぬ
まるみーぬ
育児休業等を開始した日が含まれる月から、終了した日の翌日が含まれる月の前月までの期間ということで、同じ2週間でも、7月下旬から8月上旬の2週間であった場合、7月分の賞与及び、給料の社会保険料は免除となったということですね。

わが家の場合、夫のスケジュール上、今回の日程での取得がベストでしたので、知っていても月またぎでの取得は難しそうでしたが、もし可能な方は、取得時にこの点を考慮してもいいかもしれませんね!

まるみーぬ
まるみーぬ
損はしていないものの、知ってしまうとなんだかもったいなかったなぁと感じてしまった…という話でした。

女性の場合も同様です。「育児休暇終了の日の翌日が含まれる前月まで」が社会保険料免除ですので、月末最終日まで育児休業とすれば、翌日(翌月の1日)の前月(育休取得期間ギリギリ全部)まで、社会保険料免除となります。

まとめ

上記にご紹介の通り、育児休業中は、父親・母親ともに、社会保険料免除があるというのは、ありがたい制度ですね。

まるみーぬ
まるみーぬ
感謝です!!

わが家の場合は、ひとつの月の中での2週間の取得でしたが、有給消化をせずに、2週間お休みを取得でき、通常通り当月のお給料をいただくことができましたので、そのこと自体がとってもありがたいことと感じています。

子育てを家族全員で楽しめるよう、今後も意識していきたいと思います。

ABOUT ME
まるみーぬ
入社来10年以上、営業職で働いている2児のママです。おせっかいやきな性格なので、気に入ったものや経験を、お節介気味にシェアしております。実体験で気に入っているものを、写真とともにご紹介中です。子どもとの時間、一人の大人としての時間、それぞれの楽しみを発信します。