お得情報

3才半の恐竜大好き息子があいうえおを覚えました!ひらがなを学んだ環境をまとめました

ベネッセしまじろ&きょうゆうあいうえお
sponsored link


今回のおすすめは、「自然と身に付ける“あいうえお”!」です。

お子さんのひらがなの勉強方法、どうされていますか?

わが家は、3才を過ぎた頃から、あいうえおに少しずつ興味を持ってもらおうと取り組んでいました。

まるみーぬ
まるみーぬ
保育園のクラスのお友達が、読めるようになっていてびっくり!まだまだ月齢で、成長の差があるのはわかりつつも、うちも何かやろうかな…とやや焦ってしまったわけです…(息子は12月生まれです)

…が、正直まったく興味を示していませんでした…。

しかしながら、3才6~7カ月の1か月で、すっと平仮名のあいうえおが身に付きました。

まるみーぬ
まるみーぬ
ちょうど覚えられる月齢に入っただけかもしれませんが、身の回りで、「あいうえお」に触れる機会を一応整えましたので、息子の反応とともに、まとめたいと思います。

これから、「あいうえお」を学ぶお子様への知育に少しでも参考になりましたらうれしいです。

sponsored link


あいうえおに触れる機会

あいうえおに触れる機会と、それに対する息子の反応をご紹介します。

恐竜あいうえおの本

電車好きの子には、電車のあいうえお、恐竜大好きな子には、恐竜のあいうえお…ということで、「きょうりゅうだいしゅうごう あいうえお」という本を購入しました。

▼こちらでもご紹介しています。

恐竜あいうえお

■息子3才半:他のあいうえおの本とは、全く違う食いつき!恐竜の名前をヒントに、どんどん平仮名を覚え始めました!

そして、地味に効果が高かったように思うのが、“恐竜ありうえお表です”。

手作りあいうえお表ラミネート

▲ こちらの本のあいうえお表をコピーしまして、ラミネート加工したものを3つ作りました。
(個人の家庭での利用限定ということで、コピーお許しください。)

トイレの蓋、お風呂の壁、ベッドサイドの3か所に設置したのですが、一番よく見てくれていたのは、トイレ!

まるみーぬ
まるみーぬ
はじめは、恐竜の名前をつぶやいていたのですが、ある日突然、「う、く、す、つ、ぬ…」とうの列を横に読んでいる声が聞こえてきました(←トイレから…)

うくすつぬ…のような読み方は、家でも保育園でも教えておらず(先生にも聞いてみました)、「暗記ではなく、どうやら読めている!」ということで、本人と大喜びしました!

ちなみに、お風呂場は、以前からあいうえお表が貼ってあったのですが、食いつきがいまいちで、恐竜のあいうえお表も、最初のうちは見ていましたが、次第にあまり見てくれず…。水を使った遊びの方が、魅力的なようです。

▲ 勉強にはならずとも、イラストがかわいいので、色々遊びに使われている初代あいうえお表(ダイソーのものです)

絵本の読み聞かせ

主に、寝る前にパパが読んであげています。

“おさるのジョージ”シリーズがお気に入りです。(TVでもよく見ています)

■息子3才半:表紙の文字など、一緒に読めるように。ただ、「読み聞かせ」の時間は、あくまで耳から聞く時間と息子の中で決まっているようで、あまり積極的に自分で読もうとはしません。

まるみーぬ
まるみーぬ
頭の中で、自分が思った通りの言葉が読まれているか、確認できるようになっているように思いますので、以前は、アドリブで言葉を足したりしていたのですが、今は、なるべく文字の通り、読むようにしています。

読書の習慣は、これからの生活にも沢山よい面があると思いますので、読み聞かせは継続していきたいと思います。

平仮名の本は、一人でも読んでくれるといいですね。

こどもちゃれんじ

ついに、わが家にもしまじろうが登場!

まるみーぬ
まるみーぬ
幼き頃より、こどもちゃれんじのサンプルDVDや、シールや紙で工作できるおまけつきのダイレクトメールに、何年も(無料で)親しんできましたわが家…ついに(有料の)本物のしまじろうが登場!!

教材サンプルのクオリティが高すぎて、本当に毎回、DMを楽しみにしていました!今も大事に遊んでいます(笑)
しまじろうのドーナツやさん
▲ ついに本物がわが家へ♪

チャレンジの教材おもちゃは、エデュトイといいます。

このエデュトイ、ダイレクトメールについてくるサンプル(紙製)もかなりいい感じだと思っていたのですが、本物はやはり格別…すぐに母子で夢中になってしまいました!
しまじろうドーナツチャレンジ
(▲ ドーナツかわいい、地味に母が欲しかった…)

ひらがなの学習に特化して言うと、「はてなくん」というタッチペンが優れもので、このはてなくんに、随分と平仮名を教えてもらいました。

▲ 専用の冊子をタッチすると、文字を読み上げてくれるわけですから、大人に聞かずとも、どんどん音声が聞こえてくるので、一人遊びの中でも、学習ができているようでした。

まるみーぬ
まるみーぬ
さすが、ベネッセ!幼児教育の老舗!年齢にあった遊びを通した学び方がよくできています。

エデュトイは、興味ありつつも、家庭での学習なので、親の自分がきちんと見てあげられるかなぁ…(めんどくさくならないかなぁ…)と心配していたのですが、最短2カ月から始められるということで、お試し気分で始めることができました。

月々1980円、入会金・送料も0円で、いつでもやめられるそうです。

まるみーぬ
まるみーぬ
親の心理的・金銭的ハードルをさげるのも上手ですね!笑

現在、5~8月と4カ月受講していますが、ひらがなが自然と身に付く一助となり満足しているとともに、はてなくんでの学習は、自分ひとりでも取り組んでいるので、とってもありがたい教材となっています。

▲はてなくんと遊ぶ息子。この仕組み、すごいですよね…はてなくん、予想以上におしゃべりしてくれます。

まるみーぬ
まるみーぬ
チャレンジは、ひらがな・数字だけでなく、日常生活の仕方や、マナー、ルールなども教えてくれますよ。

新しい号が来るのが楽しみです。

まとめ

今回は、3才息子が、ひらがなを読めるようになったきっかけと思われる、わが家の環境をまとめてみました。

色々な刺激から、複合的に学んだことと思いますが、上記の3つからの影響は大きいのではないかと考えています。

まるみーぬ
まるみーぬ
とりわけ、「トイレのあいうえお表」と「ちゃれんじのはてなくん(タッチペン)」の恩恵が大きいのではないかと感じています。

やはり好きなことを通じて学ぶことが一番自然なことに思いますので、お子さんの好きなもの関連のあいうえおの本はお勧めです!

しまじろうも、既に親しみを持っている子が多いのではないかと思いますので、きっと喜んで教材に取り組んでくれるのではないでしょうか。

▼ 無料の資料請求をされたことがない方には、ぜひ一度お勧めします♪理由は…



▲ サンプルDVDや冊子の内容も充実&その後も、たくさんDMが来るのですが、エデュトイに関連した紙のサンプルが、なかなか遊べるものなので、入会後も送ってほしいくらいです(笑)

まるみーぬ
まるみーぬ
家族で楽しく知育ができるといいですね!

最後まで、ご覧くださいまして、ありがとうございました!

sponsored link


ABOUT ME
まるみーぬ
入社来10年以上、営業職で働いている2児のママです。おせっかいやきな性格なので、気に入ったものや経験を、お節介気味にシェアしております。実体験で気に入っているものを、写真とともにご紹介中です。子どもとの時間、一人の大人としての時間、それぞれの楽しみを発信します。