子育て

粘土で恐竜をとっても簡単に作る方法【子どもがよろこぶ ゆるキャラかわいい】

粘土恐竜作り

今回のおすすめは、「粘土好きのお子さんと粘土恐竜を作ろう!」です。

粘土遊びで、恐竜を作られたことはありますか?

まるみーぬ
まるみーぬ
うちの恐竜大好き息子3才は、新しく購入した粘土のケースをあけた瞬間、「恐竜作って!」でした。

作れないー!と思いましたが、あまりにうるさいので、作ってみたところ、けっこうかわいい仕上がりに…。(自画自賛すみません)手作りおもちゃとしては、そこそこ立派な遊べる恐竜となりましたので、今回は、記事にしてみたいと思います。

恐竜好きのお子さんに、作ってあげれば、きっととっても喜んでくれると思います。久しぶりの粘土工作という方にも、ポイントを押さえることで、かわいい恐竜が作れる方法をご紹介いたします。意外と簡単ですので、ぜひ作ってみてください。

また、まだ粘土を丸めるくらいしかできない小さなお子さんとのコラボ作品例も一緒にご紹介します!

sponsored link


注意するべき点

小さなお子さまの誤飲に繋がらないよう、十分ご注意ください。

用意するもの

・粘土(お勧めは、色もかわいく保存も効くシリコン粘土)
・作りたい恐竜の画像

粘土は、完成後に遊ぶことができるよう固まる粘土がおすすめです。恐竜の画像は、恐竜の特徴パーツを考える際に、参考にします。PCやスマホで手軽に検索したり、お子さんにお気に入りの本や図鑑から選んでもいいですね。
また、口元の切れ込みを入れたり、柄を入れるには、粘土用のナイフがあると便利です。ない場合は、代替品としてフォークやスプーンなどを使うのもいいと思います。

恐竜の作成

恐竜のみなさん
それでは、さっそく作っていきましょう。大事なのは、どの恐竜をイメージして作るかを最初にしっかり決めることです。あとは、その恐竜風に作れたらOK!という気持ちで、完璧を求めすぎず楽しくいきましょう!今回は、パラサウロロフスをイメージして作ってみました。

sponsored link

ボディの成型

思い切ってしっぽから、頭までをひと塊の粘土で成型します。ひと塊で作ることで、完成後、きれいに見えますし、壊れにくいです。特に、首やしっぽの長い恐竜の場合も、取れにくくなりますので、おすすめです。

特徴パーツ付け

パラサウロロフスといえば、このかっこいい頭の「とさか」ですね。参考画像の背ビレは、こんなに大きくありませんでしたが、少し立派にしヒダをヘラで書いてみました。特徴パーツ付けと合わせ、目も付けました。今回は、白っぽい粘土に、黒い粘土を組み合わせて作成しましたが、目が動くパーツをつけるのもかわいらしいです。また、ちょうどいい粘土がない場合、乾燥後に、マジックで書きこんでもいいと思います。

特徴パーツは色を変えるとかわいらしく仕上がる

手足の作成

前足パーツの作成→思い切って両サイドから挟み、押し付けて接着

うしろ足も同様に作成し、押し付けて接着

足先は、厚みを残しつつ、ボディに張り付ける部分は、つぶして密着させる

手足は、その恐竜の特徴に合わせたサイズで作成し、後ろ足の方を大きめに用意するとバランスがよさそうです。

・ティラノサウルスやスピノサウルスなどの肉食獣は、前足小さめに
・ブラキオサウルスやアンキロサウルスなどの草食獣は、4足バランスよく

手足を最後にする理由は、特徴パーツをつける際に、ボディをつかむ手に意外と力が入り、どんどんつぶれてしまったので、足パーツの厚みを多少残すため、仕上げに付けることにしました。最後に、立てて遊べるように、足のバランスを整えれば完成です!

乾燥時のポイント

粘土にもよると思うのですが、我が家で使用した粘土は、柔らかめで、乾燥時にどんどんつぶれてしまいました。せっかく足を作りましたので、どこかに顔や前足部分をひっかけて乾かすことで、作成時に近い状態で固めることができました。冒頭の画像のスピノサウルスやアンキロサウルスは、乾燥時につぶれてしまい、完全にお座りスタイルになってしまいました・・・それはそれでかわいいですが。

sponsored link

子どもとコラボ

お子さんには、恐竜のたまごや化石、ごはんを作ってもらうのはいかがでしょうか。好きな形に、コネコネするだけですので、小さなお子さんでも楽しめると思います。また、恐竜の色やパーツの色を選んでもらうと、本人も愛着が更に増すようです。ぜひ、一緒に作って遊んでみてください!

まとめ

以上が、粘土の恐竜の作り方でした。どの恐竜も、このパターンで作成するとなんとか恐竜らしくなると思います。恐竜に限らず、動物もこのパターンで作成できそうですね。
最後に、簡単なおさらいを載せます。

粘土の恐竜の作り方

・ボディ→特徴パーツ→手足の順に作成
特徴パーツは色を変えるとかわいい
・乾燥時、つぶれないように注意
・お子さんには、恐竜のたまごなどを作ってもらおう!

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

ABOUT ME
まるみーぬ
入社来10年以上、営業職で働いている2児のママです。おせっかいやきな性格なので、気に入ったものや経験を、お節介気味にシェアしております。実体験で気に入っているものを、写真とともにご紹介中です。子どもとの時間、一人の大人としての時間、それぞれの楽しみを発信します。